ステージ解説 ガチエリア

解説:At

バッテラストリート

 ガチエリアではオブジェクトが動かないため主戦場は限られており、打開の経路は決まっています。バッテラストリートは橋から侵入経路すべてが見渡せるので、ここを守り抜くことがカウントを進めるカギとなります。逆に打開ではエリアを集中的に取りに行くのではなく、先に橋上を奪いに行くこともかなり有効な手段となります。打開はエリアなのか橋上なのか、それに対する防衛はどう見張るのかにご注目ください。

フジツボスポーツクラブ

 フジツボスポーツクラブのエリア周りはお互いの攻撃が飛び交う激戦区になります。中央の地形が平坦で見晴らしが良く、見合いになることが多いため、単純に攻め入るにはリスクが高いです。状況を打破するために、中央の左右坂道からの奇襲や、スペシャルウエポンなど大きなアクションに乗じた攻め込みなど、工夫を凝らした作戦が見られるでしょう。

※ステージ中央の面積が広いためボムポッチャーなど、一気に塗り返しが図れるスペシャルが強いです。

ガンガゼ野外音楽堂

 ガンガゼ野外音楽堂は両脇をひそかに通り抜けられる金網があります。中央ばかりを守っていると裏から陣形を崩されかねませんので、重要になるのはチームの連携です。エリアを確保した後は、報告などで裏取りを監視する必要があるので、各チームの配信で通話を聞いてみるのも面白いと思います。
 打開のターンでは、味方と息を合わせた動きがカギとなります。自陣の高い崖から降りるともう戻れないため、簡単にやられてしまわないためにも連携を取り、打開を成功させられるかに注目です。

チョウザメ造船

 チョウザメ造船は防衛でも打開でも中央の高台が注目ポイントです。非常に見通しの良い場所になるため、長射程が上にいるととても厄介な存在になります。回転する足場が縦になると相手側の高台に攻撃を仕掛けやすくなり、乗り込んで奪いたいところです。
 打開では、広い自陣の塗りを生かしたスペシャルウエポンなどを用いて、落ち着いて高台を奪った上で、エリアを塗りに行きたいです。高台をめぐる攻防に注目しながら試合をご覧ください。

海女美術大学

 海女美術大学はとにかく中央の高台がカギになります。ここにチャージャーなど射程の長いブキがいると相手陣地を広く見張ることができます。この長射程の活躍と、打開でどうやって高台から引きずり下ろすかに注目しましょう。
 一方、防衛側にとって高台の長射程ばかりに気をとらわれている相手は格好の餌食となります。壁際などに隠れられる場所が多いため、降りてきた相手を倒す立ち回りが有効です。みなさんもどこに短射程のブキが潜んでいるか探しながら試合をご覧ください。

コンブトラック

 コンブトラックのガチエリアは激しい塗り合いの試合になることが多いです。障害物が少なくエリアが開けているため、遠くも近くからも塗ることができます。ボムピッチャーやアメフラシ、そしてナイスダマの飛び交う試合になるでしょう。
 この塗り合いを制するためには、少しでも相手をエリアから遠ざけさせる必要があります。相手陣地に乗り込んで打開を妨害する動きができるかどうかに注目です。

マンタマリア号

 マンタマリア号は中央に大きなマストがあり金網が張ってあります。この上はチャージャーやスピナーなど、長射程を中心として様々なブキが活躍する場になります。しかし、マストを登ることで奇襲を仕掛けることもできるため、上から広い範囲ににらみを利かせる長射程と金網の下からひそかに近寄るブキの攻防に注目しましょう。
 高台以外では青く塗られた高台奥の通路を制圧できるかもポイントになります。ここまで上がってこられると、相手は正面からエリアに近づけなくなります。裏取りなど、この通路を奪おうとする動きに注目です。

ホッケふ頭

 ホッケふ頭は縦長で中央がコンテナによって格子状に区切られたステージです。見通しが悪く、相手の位置がわかりづらいため、ポイントセンサーやマルチミサイルで位置を把握できると攻め込みやすくなります。味方と連携して相手を倒していけるかがカギとなります。
 また、エリアの奥にある広場の状況も気になるところです。基本的にここが攻撃の要所となるため、中央を抜けて乗り込んでかき回すことができると、試合を有利に進められます。コンテナに隠れて相手陣地に入り込む動きができるかにも注目しましょう。

タチウオパーキング

 タチウオパーキングは高低差が激しいステージとして有名です。とにかく青く表示されている高台のチャージャーが脅威となり、試合を支配する存在となるでしょう。いかにここに居座らせないかが勝利のカギとなるため、倒されないように高台に近づくプレイヤーの動きに注目です。
 相手陣地の高くまで上る、通称「登山」をすることで黄色い位置まで入ることできると相手はエリアに触れられず、カウントを大きく進めることができます。トッププレイヤーの勇敢な登山が見られることを期待しましょう。

エンガワ河川敷

 エンガワ河川敷は中央のエリアに対して、図の2か所が主戦場となります。基本的に分担して戦うこととなるため、個の対面力が問われることになります。実力のぶつかり合う戦いにご注目ください。
 この場所での戦いを制すると、相手の別の場所に圧をかけるルートが得られるため、試合を有利に進められることになります。エリアの塗り以外にこの2か所をどちらが占拠しているかなという目線で試合をご覧ください。

モズク農園

 モズク農園のガチエリアは非常に塗りづらい形をしています。タワーで区切られている上に、タワーの上まで塗らないとエリアは確保できません。ちょっと塗っただけではカウントの進みを止められないので、相手を倒してから塗りに回る必要があります。
 そこで重要になってくるのが中射程以上のブキです。ステージの上に張り巡らされた金網の上を機動力のあるスピナー系統を筆頭に動き回り、地上との連携で相手を倒していきたいです。射線がよく通る構造をしていますが、相手の姿は見えているけど倒せないといった状況が多いので、射程内の相手に弾を当てられるかが勝敗を分けるでしょう。

Bバスパーク

 Bバスパークはオレンジ表示のデコボコした地形と、青い表示の両チームのリスポーン付近の波うった地形が特徴です。こうした起伏に強いスロッシャーなどが編成に選ばれることが多いステージです。エリアも2つに分かれており1つがとても小さいため、エリアのカウントが進む止まるを繰り返す激しい戦いになるでしょう。
 相手陣地まで乗り込むことができると曲面での戦いになります。思うように動けない上に相手の位置もわかりづらい中で、トッププレイヤーたちがどのように戦うのかにも注目したいです。

デボン海洋博物館

 デボン海洋博物館はなんといってもガラス屋根が特徴のステージです。この屋根の上は塗ることはできないものの、長射程が上から下を見張ることでステージ全体を支配できるため非常に重要な場所になります。この長射程がどれだけ仕事をできるかが試合の流れを決めます。
 ガチエリアでは中央が分断された形になっているため、相手の屋根の上まで乗り込むには少し苦労します。地上の戦いを制して、相手陣地に入って屋根へ回り込むといった手順になります。屋根上の相手に気づかれずに回り込めるかにご注目ください。

ザトウマーケット

 ザトウマーケットで注目したいのは中央の高台です。この上からはエリアを塗れる上にステージ全体を広く見渡せるため、相手の動きを把握しやすく、制圧したい場所になります。
 段差が多いステージの構造を生かして、図の青色の部分にセンプクして相手を待ち構える動きが有効のため、防衛では短射程がどこに潜んでいるか、打開ではその相手を見つけて倒せるかが勝負のカギとなるでしょう。

※青矢印のように相手陣地深くまで入り込むと非常に厄介な存在になります。

ハコフグ倉庫

 ハコフグ倉庫は狭いステージながらも、オレンジ色の中央と青い色の左右で、主戦場が3つに分かれています。それぞれに位置したプレイヤーが持ち場を守るように立ち回り、ピンチとあらば味方がカバーを入れられると試合を有利に進められるでしょう。
 エリアを確保した後は相手の高台からの打開を止める動きになります。この高台は狭い通路となっており攻撃されると逃げづらいため、ブラスターやスロッシャーといったブキや、ジェットパックやハイパープレッサーといったスペシャルウエポンの活躍に期待しましょう。

アロワナモール

 アロワナモールは縦長で左右に高台がある、谷のような地形をしたステージです。中央では高台から長射程のブキがにらみを利かせていて、それを避けたり、ボムなどで牽制を入れたりしながらの戦闘になります。
 リスポーン地点からエリアまで距離のあるステージのため、復帰には時間がかかります。オールダウンをとって、図の赤線あたりまで相手陣地を制圧すると、相手をエリアに一切触れさせない状態を作れるため、カウントを大きく進められるでしょう。

モンガラキャンプ場

 モンガラキャンプ場は言わずもがなの2つに分断された独特の構造をしています。基本的に2対2に分かれての戦闘になりますので、分かれ方にチームや選手の特徴が出るでしょう。
 正面には壁があって上に立つことで優位に立ち回れます。対して対岸にわたるルートは、正面からの攻撃に強いキャンピングシェルターやシールド持ちのブキ種が活躍することになるでしょう。自分の持ち場を制したら反対側を支援するといった、水路を挟んだチームの連携にも注目したいです。

ショッツル鉱山

 ショッツル鉱山は平坦で広く、塗れない床もほぼ存在しないため、インクアーマーやマルチミサイルなど、数多く打てばそれだけ効果があるスペシャルウエポンが有効となるステージです。ステージを広く使った戦いとなるでしょう。
 また、相手陣地からエリアに近づくルートが横に広く伸びています。防衛のときには相手がどこから打開するかをチーム内で確認し合い、素早く応戦できるかが大切になります。チームの通話も聞きどころとなるでしょう。

アジフライスタジアム

 アジフライスタジアムはエリアのある中央が高台に囲まれて開けた形をしています。前線プレイヤーは高台から降りて戦わざるを得ないため、各方向から攻撃を受けやすく、ブロックや崖下などにうまく身を隠しながら戦うことになるでしょう。
 苦戦を強いられることになるであろう短射程のブキですが、活躍することができると試合は大きく有利に進みます。中央での戦い方や、タイミングを見計らった裏取りに注目したいです。

ホテルニューオートロ

 ホテルニューオートロは全体的に開けており、射程が重要になるステージです。特に自陣側にある金網はスピナーなど厄介な長射程が位置取ることが多く、正面だけでなく横からも攻撃が飛んでくるステージになっています。この金網の相手を倒すのか、しのいでエリアを優先するかの判断は、戦況によって変わってくるでしょう。
 エリアを確保したあとはこの金網を渡った奥を占拠することで、相手の打開を正面からに限定できるため、非常に防衛がやりやすくなります。広いステージで有利な長射程に対して、どう対処するかが見どころとなるでしょう。

スメーシーワールド

 スメーシーワールドはリスポーン周りからエリアにかけてが非常に広いステージです。ここを使ったスペシャルウエポンが勝負のカギとなるでしょう。エリア確保には中央の戦いだけでなく、左側の登り壁や右下側からの裏取りルートを生かした奇襲などを絡めて侵攻していきます。
 エリア確保後は相手陣地を塗ってスペシャルをためて打開を迎え撃ったり、敵陣深くまで入り、スペシャルがたまる前に相手を倒したりして、エリアを守り抜けるかに注目です。

アンチョビットゲームズ

 アンチョビットゲームズは手前の高台やプロペラを回して上がった床に乗って、上からエリアを塗る戦いになります。相手の高台に乗り込むことができれば、エリア塗りを阻止できますが、乗り込む動作はブロックを飛び移ったりプロペラを回したりと、あからさまに動きが鈍ってしまいます。タイミングや突破力が試される攻撃になるでしょう。
 相手の高台に乗り込んで一生懸命戦っていると、右側から裏抜けされてエリアを取られてしまうことになります。連携や報告で裏抜けを見逃さない点も勝負のカギとなります。

ムツゴ楼

 ムツゴ楼は唯一左右対称ステージです。エリアに近づくには正面と中央の2つのルートがあります。このうち中央ルートは有利な上からエリアに近づけるため特に打開で比較的重要なルートになります。
 中央ルートを行こうとするとエリアより前に相手にぶつかることとなる特殊な構造のため、自陣から降りた緑色の広場を制圧することが大切です。広場を制圧するための味方の陣形が勝負のカギとなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました