ステージ解説 ガチアサリ

解説:ひがたクラム

バッテラストリート

 バッテラストリートは多くのルートがあるステージです。特に正面からのシュート方向がたくさんあるため、人数有利の状態でチャンスタイムを取れれば一気にカウントが進みやすいステージです。橋周りの中央を取ってその後にゴール前の防衛をいかにさばくことができるかが重要なポイントとなります。
 また、ゴールの裏に置かれている車は塗ることができる上に複雑な形をしているので、一度侵入されると追い払うのが非常に難しくなります。そういった複雑な地形を生かした短射程ブキの立ち回りと、橋を中心とした広く盤面を制圧できる長射程ブキの双方の活躍が重要となるステージとなります。

※中央下から壁に沿うようにゴールに近づいていくと、防衛ポイントの近くまで一気に寄せることができます。ここの抜けた先にアサリ発生スポットもあるので、7,8個アサリがあれば、一瞬の隙をついてゴールにガチアサリを入れてチャンスタイムに突入したり、追加点を一気に稼ぐことも可能です。

フジツボスポーツクラブ

 フジツボスポーツクラブはガチアサリの基本が詰まったステージです。ガチアサリではステージを5つに分けて考えられます。青色がアサリを集めるゾーン、緑色がゴールゾーン、オレンジ色がチャンスタイム時にゴールを防衛するゾーンとなります。フジツボでは緑、オレンジへの侵入ルートが1本ずつの分かりやすい構成になっています。
 基本は青いゾーンでアサリを奪い合い、チャンスを伺って緑のゾーンに突入します。オレンジゾーンに侵入することができると防衛を荒らすことができ、カウントを大きく進められるでしょう。
 アサリの数や味方の位置に応じたゴールへのルートの選択、それに対する防衛する場所の見極めが重要なステージとなります。ガチアサリで勝つための基本が見られるステージと言えるでしょう。

※右側のルートから金網を伝って緑ゾーンの高台に侵入することもできます。正面からの防衛に気を取られてる敵をここから倒したり、チャンスタイム中のどさくさに紛れて突入する、みたいな展開がみられるかも…?

海女美術大学

 ガチアサリではこれ以上ゴール近くに入りこまれるとアサリをゴールに入れられてしまうデッドラインが存在します。海女美術大学はこのデッドラインが視覚的に分かりやすいステージになっています。ここを超えられたらピンチという状況が見やすく、デッドラインをめぐる両チームの攻防に注目ください。
 選手単位での動きとしては中央から敵陣側ににらみを利かせる長射程に対して、ブロック周りで有利に動ける短射程と各ブキに得意な場があります。このあたりの動き方にチームの戦略やブキ選択が素直に現れるでしょう。

コンブトラック

 コンブトラックではゴールに向かうそれぞれのルートに注目です。基本的にはオレンジ色の正面ルートからゴールに向かうこととなりますが、このルートはゴール裏の有利な高台から簡単に防衛されてしまいます。カギとなるのは左右からこの高台に侵入ができる点です。左右のルートから高台に侵攻して維持することができれば防衛線がオレンジの矢印の動きに関与できなくなり、カウントは大きく進みます。分担して別ルートを進む多方向からの攻撃に期待しましょう。

ハコフグ倉庫

 ハコフグ倉庫はゴールへのルートが非常に狭く、デッドラインを抑えてしまえばカウントを進まされることは無い防衛有利なステージになっています。防衛を破るためにはアメフラシやハイパープレッサーなどのスペシャルウエポンや複数ルートから攻め込んで相手の注意を分散させる必要があります。
 左右の通路からひそかに入り込んで防衛を崩す動きもあるため均衡を崩す動きを見逃さないようにしたいです。防衛戦になるか裏の取り合いになるか、チームや個人の判断がどう行動に反映されるかに注目です。

アロワナモール

 アロワナモールはゴールに素直に向かうルートは2本ありますが、図の小さく青く表示されたスポンジの場所からどちらも防衛できてしまいます。単純に突っ込むだけでは止められてしまうので、バブルランチャーなどのスペシャルウエポンや別方向からの攻撃と連携して押し込んで行くことが求められます。
 また右側の高台を進みインクレールからゴールに飛び込むルートは、ガチマッチではあまり使われないものの、視野の広いトッププレイヤーならではの使い方がなされるかにも期待です。
 一度ゴールを割られると得点の進行を止めづらいステージであるため、攻め側が主導権を維持するか、防衛がすぐに取り返せるかにも注目です。

スメーシーワールド

 スメーシーワールドは中央の回転する床と開閉する橋が特徴的なステージです。この橋が架かった時間帯は、正面から攻め込めるルートがとても強く、下からの動きも見えづらくなるため、大きなチャンスとなります。橋の開閉状況は要チェックです。
 また敵陣地を左から大きく回り込んでゴール裏に到達すると、味方がジャンプでゴールに近づいたり、相手の防衛拠点を荒らしたりできます。裏取りが成功するかどうかにも注目です。

アンチョビットゲームズ

 アンチョビットゲームは中央からゴールにむかうルートが2本しかなく、(特に赤い✖マークで記したポイントで)センプクなどで簡単に処理できるため防衛有利なステージとなっています。しかし一度入り込んだあとは、図の青いエリアを維持することができれば、攻め込むチャンスを増やしてカウントを大きく進められます。
 カウントを一度に進めるか、相手の攻勢の裏をかいてゴールを決めるか。守りを固めてカウンターで大逆転を狙うか、チームとしての戦術を防衛を中心として注目していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました